初心者女子ピッカーが歩合制ラズベリーファームでいくら稼げるか挑戦してみた

 
ファームで働いた経験がないと、仕事を探すときに”時給制”と”歩合制”どちらがいいのか悩みますよね。

時給制は安定して稼げるけど、あわよくばもっと稼ぎたい。歩合制だと時給を上回ることができるの?
 
歩合制で1日200ドル稼いだという強者もいれば、歩合制は1日50ドルしか稼げないと嘆いている人もいる。いったいどちらの情報が本当なのか?!きっとこんな悩みを持った人は多いはず。
 
今回初めて歩合制のファームでピッキングしてきたので、どのくらい稼げたのか公開します!




ラズベリーピッキングの仕事内容

 
過去にラズベリーのピッキング経験は3日間だけ。基本的なピッキングのやり方を知っている程度の状態でした。そんな初心者なわたしが、どのくらいのペースで働いてどのくらい稼げたのか、参考にしていただければと思います。
 

ピッキングって何するの?

 
ひたすらラズベリーの実を採ってトレーに入れます。ただし、売り物になる実のみを入れ、形が崩れているものや熟しすぎているもの、小さすぎるものはラビッシュ(ゴミ)です。


 
もちろん熟していない実は採りません。例えば、下の写真にある色がついていない実はまだまだです。そして赤くなっていても、右側の実は採ってOK、左側のほんのりピンク色の実はまだ熟しきっていないためまだ採ってはダメ。


 
慣れるまではどのラズベリーがちょうど熟しているのか判断するのが難しかったです。最初は、完璧だと思うものをトレーいっぱいに採ってボスのところへ持って行っても、いくつかはじかれてしまうことがありました。実の見極めができるようになるまでは1週間もかからないと思います。
 

もう一つ難しかったのは、ラズベリーが葉っぱに隠れて見えづらいこと。


 
全部採っているつもりでも、チェックしてもらうと結構取り残しがある!手を奥まで伸ばさないと取れないことも多くて大変です。しかもラズベリーは品種にもよりますがトゲがあるので痛いです。慣れている人はそんなの気にせず葉っぱをかき分けて採ってました。
 
早くピッキングをするためには、早く手を動かすというより目を動かしてどこに実があるかを見つけるのがポイントだと思います!
 
 

ピッキングの速さ

 
1時間に2トレーのペースでやっていました。

といってもイメージしにくいですよね。速さを説明するのは難しいのですが、決して急がず、かといってダラダラ動いたわけでもありません。

採っていい実の見極めが完璧でなかったのと、奥のラズベリーを見つけるのに苦戦していたので、見落としがないようにしっかり見ながらやりました。お昼休憩とトイレ以外で手を止めることはなかったです。
 

でも初日は、オーナーが飼っている犬がピッキング中ずっとついてきて、可愛すぎてつい遊んでしまいました〜!笑


 
実家で飼っている犬もラブラドールだから久しぶりに触れ合えて嬉しすぎる!写真撮ったりなんだかんだで30分くらいかなあ。さすがに犬も飽きたのか途中でどこかへ行ってしまいました。笑
 
 

トレーの単価

 
トレーの写真を撮り忘れてしまった…と思っていたら、犬と一緒に写っていました!笑

見づらくてすみません。このようにパックいっぱいにラズベリーを入れて、12パックで1トレー完成です。


 
このトレー1つの単価が7.5ドル。わたしの場合は1時間で2トレー作っていました。

慣れてきて本気でやったらあと1トレー作れるかな?という感じです。
 

1パックの量やトレーの大きさ、単価はファームによって違うので必ず確認してください!もちろん作物によって単価はだいぶ違ってきます!

悪徳ファームと呼ばれるところだと、単価が低かったり実が小さかったり、きちんと集計してもらえなかったり、同じ量とっても給料が半分以下なんて聞きますから気をつけてください。
 
 

初心者が稼げたのはいくら?

 
2日間働かせてもらったうちの1日の給料を公開します。労働時間は約7時間。
 

1日の給料はズバリ、112ドル!
 

うーん、少ない。しかもTAX差し引いたら手取りは95ドル。笑

こちらがその給与明細。


 
1トレーあたりの単価が7.5ドルで、わたしは15トレー作ったので、合計112ドル。7時間働いたので、時給換算すると時給16ドル。

ちなみに、時給制のファームだと最低時給は22ドル。7時間働いたとしたら1日150ドルは稼げます。そう考えるとこの給料がいかに低いか理解してもらえると思います。
 

今回稼いだ金額はあくまで初心者の場合。慣れてきたら1日200ドル稼ぐ人がいてもおかしくないなと思いました!でもそれは常に手と目を動かして休憩なしでやったらの話で、ビザのために3ヶ月だけ働くつもりの女子には時給制をおすすめします。
 
 

結果:初心者は時給制のほうが稼げる

 
もしファーム初心者に時給制と歩合制どちらがいいか聞かれたら、絶対に時給制の仕事をおすすめします。
 

歩合制は、初心者だと1日(7時間勤務で)100ドル前後の稼ぎになるということがわかりました。慣れてきたらあと3トレーくらいは余裕で作れそうですが、それでも稼ぎは20ドル増えるだけ。時給制と同じ給料をもらうためには、あと5トレー多く作る必要があります。正直、初心者が1〜2ヶ月でそんなに多く作れるようになるとは思えません。

仮にできたとしても、とっても大変です。歩合制で稼ぎたかったら、毎日めちゃくちゃ動いて、他のピッカーと取り合わなければならないのです。
 

結論
ワーホリ中ずっとファームで働くつもりの人やピッキングを極めて大稼ぎしたい人以外は、迷わず時給制にすべき!
 
 

歩合制のいいところ

 
なんといっても、自分のペースで自由に働けること!

ファームによるのかもしれませんが、今回お世話になったところではお昼休憩をがっつり1時間半とっても、ずっと犬と遊んでいても何も言われませんでした。トイレ休憩も行きたいときに好きに行けるし、疲れたら休むことだってできます。

逆に稼ぎたいと思えばガンガン働けるし、長く続けてピッキングを極めれば時給制以上に稼げる可能性があると思います!チェリーやブルーベリーは他よりも単価が高いので稼ぎやすいはずです。
 

自分のワーホリの目的にあった働き方を選んでくださいね!
 

今回働かせていただいたラズベリーファームは、メルボルン近郊にあるEmerald Backpackers Hostelで紹介してもらいました。

メルボルンから車で1時間のワーキングホステル!ファームで働けて休日はシティで遊べる!

2017.03.28
 





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。