【給料公開】タスマニアで稼げるのはチェリーよりもサーモンファクトリー!

Tassal サーモン

 
タスマニアで稼げる仕事といえば、チェリー!
”タスマニアンドリーム”と名が付くほど有名です。

が、断言します!

タスマニアで一番稼げるのは、チェリーではなくサーモン。
 
 

たしかにチェリーの仕事は稼げます。しかしその反面、ウェイティング期間が長くシーズンが短いということもあり、実際はあまり貯金できません。安定して長く楽に稼げるのはサーモンファクトリーです。

漁業なのでセカンドビザも申請できます!
 
とにかくチェリーは稼げる!という情報だけ信じてタスマニアへ行く人も少なくないので、今回はデメリットをあげてみました。




チェリーファームの落とし穴

 

ウェイティング期間が長い

 
例年チェリーピッキングのシーズンは12月下旬〜1月下旬ですが、多くのバックパッカーは11月下旬までにタスマニア入りします。チェリーは非常に競争率が高く、基本的に早くアプライした人から順に仕事が与えられるからです。

1月上旬に直接ファームへ行って、その日のうちに働かせてもらえたというラッキーな日本人もいましたが、これはかなり稀なケースだと思います。
 
 

特に昨年度(2016〜2017年)は、寒さのせいでチェリーの実がなるのが遅く、ピッキングが始まったのは1月に入ってからでした。ですので、11月からタスマニア入りしていた人は、2ヶ月も待っていたということになります。

いくら稼げるといえど、たった3週間のために数週間〜数ヶ月も待てば、お金はどんどんなくなっていきます。

ウェイティング期間に近くのストロベリーファームで働く人もいますが、とてもしんどいわりに稼げません。
 
 

収穫時期が短い

 
チェリーのシーズンは3〜4週間。
昨年度(2016〜2017年)は不作のため3週間弱でピッキング終了。

初心者ピッカーは慣れるまでに約2週間かかると言われているので、慣れてきた頃に終わってしまうのです。
 

もし引き続きタスマニアに滞在するのであれば、また新しい仕事を探さなければなりません。

ちょうどその頃ブルーベリーもシーズンですが、チェリーに次いで稼げるため競争率が高く、シーズンに入ってから仕事をゲットするのは難しいです。アップルピッキングが始まるのは3月からだし、ストロベリーのシーズンは終わりをむかえる頃。すぐ仕事が見つからなければ、せっかくチェリーで稼いだお金がなくなってしまいます。
 
 

稼げる人はほんのひと握り

 
実際にチェリーファームで働いている人たちに話を聞いたところ、初心者でもそこそこ稼げるとのこと。ただ、他のファームよりは稼げるけど、期待していたほどではない。

チェリーピッキングは歩合制。
1ヶ月で100万円近く稼げるのはトップピッカーだけです。
 

こういった理由から、チェリーピッキングの経験がある人・翌年も働くつもりの人・チェリー以外にも仕事のあてがある人以外はあまりおすすめできません。
 
 

サーモンファクトリーの仕事

 

 
タスマニアにはいくつかサーモンファクトリーがありますが、紹介するのは“Tassal”というタスマニア南部にあるファクトリー。

Huonville、Dover、Margateという3つの町に工場があって、わたしはHuonvilleで働いていました。ホバートから車で40分くらいのところにある、チェリーファームがあることでも有名な町です。
 

 
 

Tassalの仕事内容

 

 
バックパッカーが配属されるのは、パッキングの仕事。

工場内にはいくつかの機械があって、サーモン1匹分をパッキングするときもあれば、200グラムだけパッキングするときもあり、業務は日によって様々。

毎日2つのチームに分けられ、更にその中でポジション分けされます。サーモンの重さを測る人、パッキングの機械に並べる人、ラベルを貼る人など。このポジションについてはスーパーバイザーが毎回ロスター(勤務表)を作り、休憩ごとに変わるので、毎回同じところで働くということはありません。
 

最初の頃はサーモンを綺麗にパッキングするのが難しくて、周りのスピードについて行くのが大変でしたが、数週間で慣れます。
 
 

勤務形態

 
わたしが働いていたHuonvilleの工場では、3つのシフトに分かれていました。

  • モーニングシフト(6:00〜14:30)
  • アフタヌーンシフト(15:00〜23:30)
  • ナイトシフト

※おそらくナイトシフトはクリーナーのみ
※勤務地とシフトは選べません
 

どのシフトも基本的に1日8時間、月曜〜金曜日の週5勤務で、土日・祝日は休み。

休憩は、15分が2回、30分が1回。
また、1時間ごとにエクササイズの時間があり、5分程度みんなで体を動かします。工場内は16度に保たれていてパッキング中は同じ姿勢で立ちっぱなしなので、冷え症のわたしにとってこのエクササイズの時間は本当にありがたかったです。
 

たまに早く帰されたり、残業する日もありました。
 

わたしはアフタヌーンシフトで働けてラッキーでした。朝ゆっくり起きて、仕事までは勉強や家事の時間に当てたり買い物へ行ったり、日の出ている時間を有効に過ごせました。夜も0時には帰宅できるから昼夜逆転の生活にもなりません。

更に、体力のある人だったら午前中はピッキングなど違う仕事をかけ持ちすることが可能です!
 
 

完全英語環境

 
働いているのは半分以上オージー、3割が永住権所持者、バックパッカーは1割程度。

当時アフタヌーンシフトにわたし以外の日本人はいませんでした。バックパッカーは韓国人8人、台湾人5人、中国人1人、フランス人2人。他にもタイ人、スリランカ人などアジア人は何人か働いていますが、ほとんどが永住権を持った人たち。つまり、半分以上がネイティブで、みんな英語を上手に話す人ばかりでした。
 
 

必要な英語力

 
簡単なコミュニケーションがとれる程度の英語力があれば、働けます。基本的にみんな優しいので、もし指示が理解できなければゆっくり簡単な英語で説明してくれました。

しかし、アプライをしたあとに面接を受けなくてはならないのと、働きはじめて5週間後にテストを受ける必要があります。このテストに合格できなくてクビになった人がいるという話も聞きました。教えてもらったことをきちんと理解できるだけの英語力は必要かもしれません。
 
 

Tassalの給料について

シフトによって違う給料

 
モーニングシフト・アフタヌーンシフト・ナイトシフトの3つに分かれており、モーニングシフトよりもアフタヌーンシフト、アフタヌーンシフトよりもナイトシフトのほうが時給が高いです。

残念ながらアフタヌーンシフト以外のお給料についてはわかりません。
 

アフタヌーンシフトの時給は27.48ドル。(2017年3月時点)

1日8時間×5日の勤務なので、週1100ドル稼げます。残業をしたときはその分もきちんと支払われます。
 

 
これは1週間分の給料です。

通常は給料は2週間ごとに支払われます。今回はわかりやすいように1週間分のを貼りますね。なんで1週間分のペイスリップがあるかというと、この次の週に辞めたからです。

たまに希望者だけ土日出勤できることがありました。土日は時給が35〜40ドルになるそうです。怠け者のわたしは土日出勤しなかったので、正確な時給を知りません(T_T)
 
 

安定して楽に稼げる

 
アフタヌーンシフトで働けば週1000ドルほど稼げますが、数字だけ見るとそこまで大きな金額じゃないと思う人もいるかもしれません。それでもわたしが”チェリーより楽に安定して稼げる”と言ったのには、理由があります。
 

ときどき「週1000ドル以上稼げます!」なんて求人を見かけますが、この”週いくら”というところに惑わされないでください。

週5で働いて1000ドルなのか、週7で1000ドルなのか。1日8時間働くのか、12時間働くのか。いくら週1000ドル稼げる仕事といっても、仮に1日10時間×7日働くのだとしたら、時給にして14ドル前後。歩合制のストロベリーファーム(単価が安い)なんかだと、どんなに働いても週1000ドル以上稼ぐのは難しいですよね。
 

ファクトリーの仕事は初心者だろうと時給22ドル以上はもらえます!シーズンも長いです。
 
そういった意味で、同じ”週1000ドル稼ぐ”にしても、週2日休みと決まっていて天候に関係なく働ける仕事のほうが、余った時間を有意義に過ごせるのではないでしょうか。
 
 

アプライ方法

 
このTassal、タスマニアで稼げる仕事として知られているわりに日本語での情報が少なく、詳細まで書かれている記事が見当たらなかったので、アプライから採用までの流れを別記事にまとめました。

サーモンファクトリーTassalのアプライ方法

2017.08.31
 
情報を公開することで色々と懸念されること(日本人がたくさんアプライして英語環境の職場でなくなる等)もありますが、限られたバックパッカー枠で台湾人や韓国人ばかり働いて、日本人が悪徳ファームに行くはめになるよりはずっと良いと思い公開することに決めました。





スポンサーリンク




3 件のコメント

  • こんにちは!!
    これからワーホリへ行くため、色んな記事を見ています!
    こちらのファクトリーでは2ndビザを取ることが可能なのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。