【インド】ジャイプールからプシュカルへの行き方

 
「ピンクシティ」と呼ばれるジャイプールから、「ヒンドゥー教の聖地」の一つプシュカルへ移動!

もともとプシュカルには行かずジョードプルへ行く予定だったけど、出会った人からプシュカルは良かった!と聞いて寄ることに決めました。
 

プシュカルはジャイプールとジョードプルの中間に位置する小さな町。

最近ではバックパッカーが沈没するところで有名です。ヒンドゥー教の聖地の一つだけあって、インド人観光客も多く訪れます。




プシュカルへの移動方法

 
ジャイプールからプシュカルへ行く方法は3つ。

  • 直行バス(4時間)
  • 電車(2時間)+バス(30分)
  • バス(2時間半)+バス(30分)

直行バス以外、アジメールという街で乗り換えが必要です。

アジメール⇆プシュカール間は10分毎にバスが出ているので、心配いりません。
 
 

直行バス

 
直行バスは1日1便(9:10発)のみ。(バスターミナルのおじさん情報)

でも、他のブログを見ると10:00発、11:00発など情報が様々。出発時間は定かではありません。必ず確認してください!

宿のオーナーいわく、直行バスは休憩を取りながらゆっくり行くので所要時間が長いとのこと。乗り換えバスのほうが早いなんて意外ですが、ここはインドなので細かいことは気にしないことにしましょう。笑
 
 

電車とバスを乗り継いで行く

 
ジャイプールからアジメールまで電車、アジメールからプシュカルまでバスで移動する方法。

ジャイプールからアジメール(電車)
60~700ルピー
 
アジメールからプシュカル(バス)
女性:12ルピー
男性:16ルピー
 
列車はどのクラスの車両に乗るかによって料金が変わります。
たとえば、寝台ではなく新幹線と同じような座席(CC)だと300ルピーくらい。

乗車時間が短いので一番安いチケット(ジェネラル)でも大丈夫かと思いますが、お金を払って上のクラスに乗ればより快適に安全に移動できます。
 

ポイント
ジェネラルは指定席ではないため、当日購入が可能です。
 
駅の窓口でジェネラルのチケットを購入し、車内で違うクラスの車両(指定席)へ移動することもできます。空きがあれば、その場で車掌さんに追加代金を支払えばOK!
 
デメリットは、列車が遅れる可能性があることと、アジメール駅に着いてからバスターミナルまで約2kmの移動が必要なこと。

荷物が多くなければ歩いても行ける距離ですし、トゥクトゥクもすぐ拾えるので、そこまで大きな問題ではないと思います。
 
 

バスを乗り継いで行く

 
バスでジャイプールからアジメールまで行って、そこからプシュカル行きのバスに乗り換える方法。

ジャイプールからアジメール行きのバスは1時間に1~2本、アジメールからプシュカル行きのバスは10分ごとに出ています。
 

わたしはこの方法で行きました!
ジャイプールからアジメール(バス)
女性:110ルピー
男性:145ルピー
 
アジメールからプシュカル(バス)
女性:12ルピー
男性:16ルピー

ジャイプールやプシュカールのあるラジャスタン州では、女性の運賃が安くなるんです!割引前の男性料金でもだいぶやすいけどね。笑
 

バス乗り場は「Sindhi Camp Bus Station」

メトロの「Sindhi Camp」駅からすぐ。

このバスターミナルには2つ建物があるのですが、1と書かれているほうに行ってください。そして建物に向かって一番左側から、アジメール行きのバスが出ています。
 

こんな感じの超ボロいバス。

超ローカルバス!これに乗って2時間半か・・・!
 
予約不要で、料金は車内で支払い。


 
このバスで移動するデメリットは、トイレ休憩がないことと、バスの椅子がめちゃくちゃかたいこと!

バスは乗客を降ろしたり乗せたりしながら進むのでよく停車するのですが、その隙にトイレに行ったらおいて行かれそうになりました!わたしの席には知らないおじさんが座っていました。一人旅だったら完全にアウト。笑

エアコンがついてないから、夏だったらとても乗っていられないかも!
 

バスが到着するアジメールのバスターミナルはここ。


 

プシュカル行きのバスは、バスターミナルに向かって一番左側から出ています。

おじさんが「プシュカーール!!」と連呼しているからすぐわかるはず!
 
10分ごとに頻発しているとはいえ、毎回ものすごい人数が乗車します。バスが来たらすぐ乗り込まないと席を確保できません。ここインドでは譲り合いの精神など忘れて、いかに誰よりも先に乗れるかを考えましょう。
 

乗車率200%にも関わらず、乗務員は奥の席まで行って一人ひとりから料金精算してました!すごい、どうやってあの通路を通れたんだろう・・・
 
 

プシュカル


 
アジメールからプシュカルに到着するのは「Kharwa Bus Station」

小さい町なので、ここからほとんどの宿へは徒歩で行ける範囲です。湖までは10分あれば行けます。

数は少ないですがトゥクトゥクも走っているので、荷物が多い人は利用するのもあり!ただ、UberやOlaといった配車アプリは利用できませんでした。
 

 

それにしても!疲れたー!!!

ボロいバスは椅子が硬くて、当然リクライニングもできなくて、途中からめっちゃ辛かったです。お尻と腰がもう限界!

節約も大事だけど、自分の体が何より大事!
これからはもっと快適さも考慮しようと思って、ジャイプールへ移動するときは違うバスを利用しました。

【インド】プシュカルからジョードプルへの行き方

2019.03.30
これからインドでバス移動をする人の参考になれば嬉しいです。





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

eri

1992年生まれのゆとり女。 オーストラリアワーホリと世界一周を経験。「海外へ行く前にこんなこと知りたかった!」と思うことを発信しています。